文化史跡

黒田家住宅

建築年ははっきりしませんが、江戸時代末から明治初年に建てられたと考えられる民家です。柴津村下組(水穴地区)の庄屋を務めていたこともあり、この地域の有力な農家の大形家屋の面影を色濃く残している建物です。間口13間(約23m)で、18畳の広さをもつ土間や18畳の茶の間、8畳の上座敷、10畳の下座敷などを備えています。

交通アクセス・駐車場

その他のオススメ


ページトップ

more information

avtomaticheskij-poliv.kiev.ua/obschie/tovary.html

220km.com.ua/category/ista/