黒川「桜林のエドヒガン」

伝承では大宮神社の東方一帯の田畑はその昔、一面の桜林だったといわれ、今も地名を「桜林」といいます。慶安・承応年間(1648〜55年)のころまでに段々耕地になってしまい、樹齢約350年以上とも伝えられるこの一本の老樹がその名残であるといわれます。

交通アクセス・駐車場

その他のオススメ


ページトップ