文化史跡

中野陣屋・県庁記念館

天領中野陣屋は、享保7年までに高井群の幕府領陣屋を統合し、五万石余りの天領を支配する信州随一の陣屋となりました。
明治元年8月中野陣屋が廃止され、建物を使用して伊那県中野分局が置かれました。同3年9月、中野県の成立によって分局は県庁に昇格しました。
明治初年の地方行政を知る上で、中野県庁は貴重な史跡として昭和39年県の史跡に指定されました。
現在ここには陣屋時代からの石垣、井戸、稲荷社跡があり、当時の名残をとどめています。玄関前には「旧中野県庁跡」の標示塔がたっています。
現在は、中野市の歴史にまつわる様々な資料の展示に加えて、市民の皆様のイベント、展示等にご利用いただいています。
館内には落ち着いた雰囲気でのんびり過ごせるカフェスペースも併設されています。

◆スタッフからのひとこと
中野陣屋が置かれていた江戸時代や中野県庁が置かれていた明治時代初頭の歴史的資料、また、企画展の開催など文化活動の拠点となっています。
喫茶もあり、市民のくつろぎと憩いの場になっています。

交通アクセス・駐車場

その他のオススメ


ページトップ