神社・仏閣

正受庵

臨済宗の再興者、道鏡慧端(どうきょう・えたん)またの名を正受老人が終生を過ごした庵。禅道場としても有名。正受老人は、臨済宗中興の祖といわれる名僧、白隠慧鶴(はくいん・えかく)の師としても知られている。
現在の本堂は弘化4年(1847年)の善光寺大地震の後に再建されたもの。昭和35年に長野県の県史跡、また「全国古寺名刹百選」にも選ばれている。

交通アクセス・駐車場

その他のオススメ


ページトップ

https://start-sport.com.ua

start-sport.com.ua/boevye-iskusstva/boks/kapy

www.start-sport.com.ua