神社・仏閣

大悲殿

本尊は聖観世音菩薩の立像で、故横江嘉純(東京・日展審査員)が製作。昭和34年に入仏供養がおこなわれた。境内には、横江氏による青銅製ブロンズ仕上げでは、世界一といわれる25メ-トルにおよぶ世界平和聖大観音が昭和39年に建立されている。昭和13年に銅版うちだしで、聖観音が建立され、百尺観音とも呼ばれたが、第二次大戦で大仏も本尊と台座だけを残して昭和19年に応召されてしまった。これを惜しみ、地元と東京万人講を中心に再建され現在にいたる。落慶開眼供養の導師には善光寺一条智光上人が勤められた。台座内には、西国三十三番札所観音を遷座している。

交通アクセス・駐車場

その他のオススメ


ページトップ

http://www.biceps-ua.com

dekorde.com

canadian pharmacy viagra