文化史跡

弥勒(みろく)石仏

湯田中の大湯を薬湯として、必ず衆生の病を治すようにと、この温泉の鎮護のために浴場大湯の東方に建立したと伝えられる。現在は金倉の名所弥勒に現存しているが、地変によって埋没していたものを、大治五年(1130年)、大和国の僧末光が、地中から発見し再建したものであると口碑は伝えている。弥勒さまのご利益は、疫病よけの神であり、火難・地震を鎮めてくれる神と信じられている。

交通アクセス・駐車場

その他のオススメ


ページトップ

https://babyforyou.org

https://babyforyou.org

www.service01.com.ua/remont-stiralnyh-mashin-ariston/